前へ
次へ

短期間で大量のデータを暗記するには

短期間で大量のデータを暗記するには通常のやり方では到底間に合いません。
短期間で大量のデータを暗記するためには、記憶術というテクニックを使わなければなりません。
それには様々なテクニックが存在します。
一番使われているのがインプット学習とアウトプット学習です。
私たちが学習する時に一番多いパターンは本を読むという事ではないでしょうか。
この場合には目で文字や文章を追っていくということになります。
これはインプット学習ということができます。
それを音読すればどうでしょうか。
音読した瞬間にアウトプットとして音声が聞こえてきます。
それで記憶がしやすくなるということです。
つまり記憶術で大切なのは確認テックなんです。
それもリアルタイムでの確認チェックが理想的です。
本を音読するというのは最も効果的な記憶術となります。
それから多少手間はかかりますが、本の必要な部分を書き写すという手段があります。
文章を書き写すことは、アウトプットそのものです。
それで効率的に人間の脳裏に刻み込まれるということになります。

Page Top